長岡店

塗る場所によって使い分けられる「塗り方」

今回は、外壁塗装の塗り方の種類についてお伝えしていこうと思います。

・ローラー塗り

一般的で効率的な方法です。専用の外壁用のローラーを使用して、塗料を外壁に均等に塗り広げます。大きな面積でも比較的短時間で塗ることができます。

・刷毛塗り

小さな面積や細かい部分に適しています。

刷毛を使って、丁寧に一部の箇所を塗ることができます。

・スプレー塗り

専用のスプレー機を使用して、塗料を霧状にして外壁に吹き付ける方法です。膜厚を均一にしやすく、凹凸のある部分にも塗りやすいですが、周囲への塗料飛散には注意が必要です。

・エアレス塗り

高圧ポンプを使用して塗料を吹き付ける方法で、スプレー塗りよりも高い圧力で塗料を噴射します。均一で厚い膜を形成することができます。

いかがでしたでしょうか。

塗り方は、塗料や外壁の状態によって適した方法が異なります。また、適切な下地処理や塗料の選定も重要です。外壁塗装は耐久性や美観に影響を与えるため、専門家に相談して適切な方法で工事を進めてもらうことが重要です。