長岡店

塗装工事における下地処理はとっても大事な工程です!

外壁を塗料で塗るだけでは建物はすぐに劣化していきます。

そこでまず大事になってくる工程が、下地処理です。

下地処理はこれから塗装を行う上でもっとも重要な工程になりますが、表面上では分からないため、工事が終わってしまえば、目に見えることはありません。

しかし、この下地処理をしっかり丁寧にしておかないと、すぐに塗膜が剥がれてしまうなどの施工不良が起こる可能性が高くなります。

まず、高圧洗浄で外壁や屋根についたチョーキングや汚れ、カビなどを綺麗に洗い流し、そのあとにクラック補修やケレン作業に入ります。

クラック補修とは、ひびが入っているところを補修する作業で、

ケレン作業は、劣化した塗膜を削り落とす作業のことをいいます。

剥がれや浮きがあるところはその周りも脆くなっていることが多いため、専用の工具を使って綺麗に剥がす作業が必要になってきます。

このような下地処理をしておくことで、建物をより長持ちさせることにつながります。

塗装を行う上で、下地作業はとても重要な作業のひとつになるので、ご参考になれば幸いです。