長岡店

外壁塗装 10年に一度は塗り替えをしたほうがいい?

外壁塗装を行うタイミングは、目安としておおそよ10年に一度と言われています。

ただ、この10年というのはあくまでも目安にすぎません。

実際には塗料の種類によっても耐用年数は変わってきますし、建物の劣化具合なども見ながら判断したほうがよいでしょう。

まず、建物が劣化しているサインとして代表的なものが、

・チョーキング

・ひび割れ

・色褪せ

・カビなどの繁殖

・塗膜の剥がれ、膨れ

です。このような状態に気づいたら、早めに塗装工事をすることをおすすめします。

劣化している状態をそのままにしてしまうと、建物はどんどんもろくなってしまいます。

塗料の耐久年数や周囲の環境によっても塗り替えのタイミングは異なってきますが、

日ごろから定期的に、塗装やメンテナンスをしておくことで、きれいな状態を長く保つことができますし、

なにより建物が傷んでしまう前に早めに塗装をしておくことで、突然の大きな出費に見舞われるリスクも回避できるので安心ですね。