長岡店

塗装工事に使用される塗料の役割と機能

今回は塗料の役割と機能についてお伝えします。

塗料が表面に形成する膜には、建物に対して重要な機能が備わっています。まず、家を外部の要因から保護することが挙げられます。この膜は紫外線や気象条件、酸性雨などの外部要因から建物を守り、劣化を予防します。

同時に、この膜によって家の美観を維持することも可能です。塗料の色や光沢が建物全体を引き立て、美しい外観を保ちます。外壁や屋根の塗装は、建物が美しく見えるだけでなく、周囲の環境との調和も促進します。

さらに、塗料には特別な機能を付加することができます。耐候性や耐火性、絶縁性など、特定の要件に応じて機能を追加することで、建物はより長寿命で適した状態を保つことができます。

その他、このような機能を持つ塗料があります。

●光触媒塗料

 光に反応して汚れを分解し、自己洗浄型塗料は雨水で汚れを洗い流します。

●防カビ・抗菌塗料

 屋根において、防カビ・抗菌塗料はカビや藻の発生を抑制します。また、特に浴室外壁や北側の外壁、風通しが悪い場所ではカビが発生しやすいためおススメです。

●遮熱塗料・断熱塗料

遮熱塗料は熱を反射し、断熱塗料は建物内への熱伝導を抑制する役割を果たします。遮熱塗料は建物における熱の影響を軽減し、劣化を防ぐ効果も期待されます。

外壁や屋根の塗装は建物を保護し、美観を損なわずに維持するだけでなく、必要に応じて特別な機能を付けることもできます。塗装工事を検討する際には、塗料の機能を考慮し選ぶことが重要です。また、グレードによって耐久性も変わるため、迷った際には塗装のプロに相談されることをお勧めします。