長岡店

外壁塗装の重要性と劣化リスク

今回は「塗装工事は必要なのか」についてお話しようと思います。実際に塗装の必要がない外壁材や屋根材は存在します。例えば、外壁だとタイルやレンガ、屋根だと粘土瓦(釉薬瓦、いぶし瓦、素焼き瓦など)があります。

その他の素材はほとんど塗装が必要です。もし、塗装工事をしなかった場合どうなるのでしょうか?

●ひび割れ

紫外線や雨風により塗膜が劣化し、ひび割れを起こします。そこから水が入ってきてしまい、雨漏れの原因になります。

●汚れ

コケやカビなどの汚れが付きにくい素材でも時間がたてば、劣化していき、汚れが発生します。他の劣化症状と比べても圧倒的に目立つ症状です。美観を保つために塗装が必要です。

●チョーキング現象 

長い間紫外線を浴びていると、塗料に含まれる顔料と言うものが表面に浮き出てきて、触ると白いチョークのようなものが付着します。

●色褪せ

紫外線や雨風を受け続けると、塗膜の劣化の原因になり、色褪せが発生します。特に原色(赤系、黄色系、青系など)は色褪せが目立ちやすい色なので注意が必要です。

塗装をしないとこのような劣化が見られます。お家の美観と健康を保つためにも外壁塗装は定期的に行いましょう。