長岡店

家の防水キープ!コーキングの劣化症状と対策

今回は、家のメンテナンスに欠かせない要素の一つである「コーキング」に焦点を当ててみたいと思います。コーキングは建物の防水や断熱に欠かせない役割を果たしていますが、時間が経つとともに劣化が進み、それに伴って様々な症状が現れることがあります。

1. ひび割れ

最初に注意すべきなのは、コーキング部分に生じるひび割れです。劣化が進むと、コーキングが硬くなり、伸縮性が低下します。これによって、気温の変化や建物の動きに対応できず、ひび割れが生じることがあります。外部からの水分や空気の浸入を招き、建物の損傷につながる可能性があります。

2. 変色

コーキングが太陽光や雨風にさらされることで、徐々に変色していくことがあります。見た目が悪くなるだけでなく、変色したコーキングは劣化が進んでいるサインとも言えます。

変色が進むと、耐久性が低下し、機能が十分発揮されなくなります。

3. 剥がれ

コーキングが剥がれる現象も劣化の一環です。剥がれた部分から水分や空気が侵入しやすくなり、建物の内部に悪影響を及ぼす可能性があります。特に風雨の影響を強く受ける外部のコーキングは、こまめな点検が必要です。

対策としてのメンテナンス

これらの劣化症状が見られた場合、早めのメンテナンスが重要です。まずは、ひび割れや変色が見受けられる部分を特定し、新しいコーキングで補修することが有効です。

定期的な点検や補修作業を行うことで、建物の耐久性を維持し、トラブルを未然に防ぐことができます。

家のコーキングは、専門家のアドバイスや定期的な点検サービスを活用することもおすすめです。建物のベストな状態を保つために、コーキングの劣化には注意しましょう!