長岡店

外壁塗装工事で大切な色決めに活用していただきたいもの

家の外観はその家の温床を左右します。

外壁塗装工事において色決めは重要なステップです。

良い色だと思っていざ塗装してみたものの、なんだか思っていたのと違うといったこともよくある話です。

このような失敗をしないためにも、色選びの際に活用していただきたいものを紹介します。

まず、多くの業者も活用している日本塗料工業会が発行している色見本があります。

この色見本は幅広い色彩があり、実際の塗装仕上がりをイメージしやすいという特徴があります。

建物の外観や用途に合わせて適切な色決めをすることができます。

パソコンやスマートフォンを活用したカラーシミュレーションのサービスもあります。

建物の写真をアップロードし、さまざまな色を試してみることができます。

実際の建物にどのような色がマッチするかを事前に確認することができるので色決めに大変役立ちます。

A4サイズの色板見本は実際の塗料の色や質感を手に取って確認することができます。

直接比較することで選択肢を絞りやすくなります。

塗装メーカーが提供する色見本はそのメーカー独自の色彩を示しています。

特定のメーカーの製品を使用する場合はそのメーカーの色見本を参考にすることが重要です。

これらの色見本やカラーシミュレーションを活用して、建物や環境に合う色選びを行うことが大切です。

また、実際の建物の外観や周囲の環境、太陽光の影響なども考慮して色を選んでいくと、より満足度の高い仕上がりが実現します。