長岡店

住宅メンテナンスは10年がおすすめの理由

1.外壁塗装の寿命が10年の理由

外壁塗装に使われる塗料は、一般的にコスパの良いシリコン樹脂が多いです。シリコンの耐久年数は約10年前後と言われています。そのため、住宅メンテナンスの周期は10年が妥当と言われているのです。住宅保証や点検も、10年周期となっていることが多いでしょう。

塗料の耐久性が低く、住宅の劣化症状が激しい場合は、10年経つ前にメンテナンスの検討をされることをおすすめします。変色は1~2年で始まり、10年程度でひび割れ症状が見られることが多いです。チョーキング現象やカビ・コケ・藻の汚れなども発生します。立地条件や環境によっては、さらに早くに劣化症状が出る場合もあります。

メンテナンスを放置し、劣化症状が激しくなると、修繕費用も多くかかってしまいます。自然災害が起これば、劣化症状が顕在化するでしょう。塗料の耐久年数を考慮し、早めに塗り替えを行いましょう。

2.早期の劣化を防ぐ方法

住宅周辺の風通しをよくしておきましょう。そして、木材・段ボールなどのシロアリの餌となる物を置かないことです。こうしたポイントを押さえておくと、住宅の寿命を延ばせるでしょう。塗装が剥がれない程度に定期的な洗浄を行うと、汚れが落ち長持ちするかもしれません。

自宅の立地条件や塗装に利用した塗料の特徴を理解しておくと、適切なタイミングで住宅メンテナンスができます。10年以上先延ばしにしてしまうと、高額な修繕費用が発生するかもしれません。劣化症状が表れた時点で、業者に相談するのがおすすめです。