長岡店

ラジカル制御型塗料を使用するメリットとは

1.ラジカル制御型塗料とは

ラジカル制御型塗料は塗料の樹脂や有機顔料劣化の原因となるラジカルを抑える塗料です。ラジカル塗料とも言われます。ラジカルとは酸化チタンと紫外線の反応で発生するエネルギーです。外壁の色あせやチョーキング現象の原因となり、劣化を進行させてしまいます。

ラジカル制御型塗料の主な成分は光安定剤とラジカル制御型酸化チタンです。光安定剤はラジカルを捕まえ、ラジカル制御型酸化チタンは耐候性を高めてくれます。通常外壁塗装の劣化を進める酸化チタンですが、特殊コーティングにより樹脂や顔料へのダメージを防いでいるのです。

この塗料は高い耐久性を持ちながら低価格で、コストパフォーマンスが高くなっています。樹脂自体は他の塗料と変わらないものを使用しているためです。

2.美観維持にも役立つ

光沢があり対応する艶の幅広さも、ラジカル制御型塗料の特徴です。光沢により外壁が汚れにくく、艶と色が長持ちします。さらに親水性の高さや防藻・防カビ機能も備えていて環境にも優しい塗料です。劣化が起こりにくく、長期間美観を維持出来ます。

水性でよく伸びるため塗りやすく、どの種類の外壁材にも利用可能です。少量でムラなく塗ることができ、見た目も美しいでしょう。飛散しにくいという特徴から、周囲への影響も少ないです。白の顔料の元となる酸化チタンを利用しているため、濃い色を使用したい人には向いていないデメリットがあります。

多くのメリットを持つラジカル制御型塗料を利用して、見た目と機能性に優れた外壁塗装を実現しましょう。