長岡店

「色見本と違う!?」色決めの注意点

色見本を見て色決めしたのに「この色、色見本で見たのと違う…」。そんな外壁塗装や屋根塗装のトラブルは案外少なくありません。色見本帳で確認して色決めしたはずなのに、なぜ、色が違うということがあるのでしょうか?どうすればトラブルを防げるのでしょうか?

色見本帳を使う際の注意点

色のトラブルは案外少なくありません。色見本帳はとても小さいので、実際に塗った感じは違うということを覚えておくと良いでしょう。面積効果で同じ色でも面積が大きくなると彩度が上がり、明度も高くなる法則があります。また、室内で色見本を見た感じと、室外の外壁塗装とでは見え方が変わります。

トラブルを防ぐ方法

業者によっては大きめの塗板見本を準備し、大きな面積で色確認ができるようにしています。また、実際に外壁に直接塗って、イメージを見せてくれる業者もあります。なるべく広い面積で確認すると、後になって「思っていたのと色が違う」というトラブルを避けられるでしょう。

業者が塗板見本を用意していない場合は、色見本を屋外で見てみましょう。施工実績、つまり実際に塗装した家を見てみるのも良い方法です。

色決めの際にトラブルが起きないようにするためには小さな面積で決めないことが重要です。塗板見本や、実際に外壁に塗装した色を見て決めるとトラブルが起こるリスクを減らせるでしょう。また、色を確認する際は、屋外で見ることも大切です。

色決めは家の雰囲気を左右するので重要です。実際の外壁塗装と近い状態で色見本を見て、納得のいく色を選んでください。