長岡店

外壁塗装における期待耐用年数と保証年数の違いについて

外壁塗装の期待耐用年数と保証年数は、似ているようで異なります。

今回はこの2つの違いについてお伝えしていこうと思います。

・期待耐用年数(期待対応年数)

期待耐用年数は、外壁塗装がその機能や見た目を適切に維持することが期待される年数を指します。これは一般的な予測であって、外壁塗装の耐久性は使用された塗料や施工の質、気候条件などにより変わってきます。

期待耐用年数は、外壁塗装業者や製品メーカーが提供する情報を元に算出されることがありますが、あくまで目安となります。

・保証年数

保証年数は、外壁塗装業者が提供する製品や施工の品質に基づいて、一定期間にわたり修理や補修を保証する期間です。保証は通常、劣化、剥がれ、変色などの欠陥に対して提供されます。また、保証の範囲や条件は業者によって異なります。

重要なのは、期待耐用年数と保証年数は同じではないということです。期待耐用年数は一般的な予測であり、環境条件やメンテナンスによって変化する可能性があります。一方で、保証年数は業者が提供する修理や補修の範囲を示していますが、これが期待耐用年数と一致するわけではありません。

外壁塗装を検討する際には、業者との契約前に提供される保証内容やその条件を十分に理解し、期待耐用年数と保証年数の違いを把握しておくことが重要です。