長岡店

雨漏りの原因!建物の隅々に潜むリスクと早めの対処法

・屋根の穴やひび

屋根が古くなると、雨漏りの原因になります。屋根に穴やひびがあれば、雨水が中に入ってきてしまいます。屋根に異常が見られたら、早めに修理が必要です。

・屋根のつなぎ目や周辺の問題

屋根が他の部分とうまくつながっていないと、雨水がそこから入りやすくなります。

例えば、壁や煙突の周りがしっかりしていないと、雨漏りの原因になります。

・雨樋や排水管の詰まり

雨樋や排水管がゴミや葉などで詰まっていると、雨水がきちんと流れず、溢れて建物に入ってきてしまうことがあります。定期的な清掃を行うことが大切です。

・窓やドアの隙間

窓やドアの周りに隙間があると、雨水がそこから入り込みます。特にシーリングが古くなってしまっている、破損している場合は。雨漏りの原因になります。

・建物全体の構造的な問題

壁や天井に隙間やクラックがあると、雨水が侵入しやすくなります。

建物の基本的な構造に問題があれば、雨漏りが生じる可能性が高まります。

雨漏りが見つかったら、早めに修理を検討しましょう。修理が難しい場合は、プロの助けを借りることが賢明です。